ストレスとの向き合い方 頑張り過ぎないことが1番!

システムエンジニアの根気強さと要領の良さ

コンピューター技術に携わる仕事は、スマートでカッコいいイメージがあります。
しかしながら、実際の仕事は必ずしもそのようなものとは限りません。
地道な努力が必要な仕事です。そのため、システムエンジニアとして働くのであれば、コツコツと物事に取り組むことができる根気強さが求められます。積み上げて成し遂げた結果が、仕事の成果として表れます。

ただしこうした仕事では、次第に精神的なストレスが溜まります。自身では大丈夫に感じても、実際には精神的な疲労がたたって異常をきたす場合もあります。
このことから、単にコツコツと仕事をこなすだけでは、システム開発の仕事は続けられません。
長くエンジニアとして仕事をするのであれば、要領の良さも重要なスキルです。省力化できる部分は、できるだけ省くのも重要なことです。
システム開発の結果に結びつかない事柄に対し、必ずしも労力をかける必要はありません。
システム開発で何が重要であるかを見極める能力が必要です。
省力化で効率よくシステム開発ができるよう常に工夫していると、これまでは時間が掛かっていた作業も短時間でこなせます。

業界で長く働いているシステムエンジニアは、要領のいい人が多いです。
さらに、仕事の省力化を考えること自体が、精神的なストレスの解消に効果があります。
複雑な仕事内容に対してあれこれと工夫し、意図通りにうまく作業が簡略化された時の感動がストレス解消にもってこいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です